霊魂学 ときどき ねこと龍と名古屋のことと

このブログの内容は会の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています.

アンケート実施中

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2

竜王山  -竜という名の風景-

 

集中豪雨のあと、一転してカラカラの晴天が続き、それに猛暑が重なって、まだ7月半ばだというのに、毎日、畑にホースで大量の水をやらなければならない状態です。

 

集中豪雨だけはもう絶対にごめんですが、干あがった畑に恵みのひと雨をくださいと願いたい気持ちです。

 

よって、今回は、こうした雨乞に関係する山、龍王山について少し書いてみたいと思います。

 

龍王という名称は、仏教から来ているもので、仏教では、竜は八大龍王なども含めて仏法を守護する天竜八部衆のひとつとされ、恵みの雨をもたらす水神のような存在であるとされますから、竜王山という名称は、水・雨をもたらす八大龍王を山頂に祀り、雨乞いを行なったことに由来すると思われます。

 

ウィキペディアによると、龍王山という名のつく山は、瀬戸内海沿岸を中心に中部以西の各地にたくさんあるとされます。

f:id:keizanago:20180722095308j:plain

 

 

一番多いのが、岡山県で、二番目が広島県、三番目が四国の香川県となっていますが、特に、これらの地域は干ばつに悩まされた時代があったのでしょうか?

 

近畿、中部では、兵庫、大阪、奈良、滋賀、長野にありますが、このなかで一番多いのが滋賀で四つほどあります。

 

なお、滋賀県三重県を分ける鈴鹿山脈には、そのほかに、竜ヶ岳、雨乞岳という山がありますが、これらも竜と関係があるのでしょうか?

 

かつて、ダムも水道もなかった時代、雨は人々の生死をも左右するものであり、干ばつの時などには、これらの山に降りるとされた竜神に対して、必死に雨乞いの祈りが捧げられたに違いありません。

 

そして、そんなとき、霊的に高貴な存在としての竜が人々の切なる祈りに心を動かされ、実際に力をかけてくださったことがあったのかもしれません。

f:id:keizanago:20180722095331j:plain

 

 

天候をも操る巨大なパワーを持つといわれる竜、しかし、その竜に対する世の中の見方はあまりにも偏見に満ちています。

 

本当の竜の姿、人間との深い、深い関わりを知っていただくために、是非、『竜-霊魂の世界から舞い降りた霊力-』をお読みいただきたいと思います。

 

f:id:keizanago:20180702225530j:plain

 

変化 ~ナマケグマさんからの投稿です~

最近、ある事が変化している事に気付きました。

 

私は、車を運転中に急に割り込まれたり、いきなり出てきてぶつかりそうになったり、

自分の身に危険が及ぶような危ない運転をしている車があると、ムカついてその車を追いかけて文句を言うくらい、そういった行為を許せない性格で、よく同乗者にも心配かけていました。

 

たぶん自分の過去世も影響しているのだろう(自分の過去世は入会すると調べることができます。)でも最近、急に割り込んでくる危険なドライバーがいても「うわ!危ない!」と思うだけで、以前のように「このやろう!」と怒りをあらわにしなくなりました。

 

年をとって丸くなったのかもしれませんが、これは私にとって大きな変化なのです。

 

その時私は思いました。「これは神伝禊法の日々の実践の成果だと」私は改めて、神伝禊法の凄さを実感しました。

 

私が、自分の身に危険が及ぶことに対して過敏に反応してしまうのは過去世からの霊的カルマの影響なのです。

 

神伝禊法は、その霊的カルマをも薄めて解消していく素晴らしい技法です。

 

私は入会4年目にしてやっとその凄さに気付いた未熟者ですが、私が入会前に購入した本、入会を決意した本、それは「神伝禊法」です。

 

是非読んでほしいと思います。

 

 

f:id:keizanago:20180620211248j:plain

 

 

家族と時間 ~招きネコさんからの投稿です~

最近は、家族と共に、支部のブログに投稿したり、

閲覧したりしています。

 

そうしたところ、

今までテレビやビデオを見て、ぼ~~としていた時間が

自然と減ってきました。

 

誰もが同じにしか持っていない時間なのですから、

有効に使わねば勿体ないですよね。

 

色々な方の思いを知ることで、

自分もまた刺激されます。

 

ですが、

自分を律するのは、なかなか。

毎日、続ける確約まで至っておりませんが・・

 

たかがブログなのかもしれませんが、

うちの家族にとっては、

よい方向に修正されてよかったかなと思います。

 

f:id:keizanago:20180702225530j:plain

 

かみ かみ かみ  ~カピバラさんからの投稿です~

最近、テレビを見ていてよく思うことがあります。

 

それは、やたらと神という言葉が使われていることです。

 

例えば、神技とか、神曲とか、神対応とか、名医の手術で神の手と言われていたり...

 

素晴らしいとか、普通の表現で良いのではないかと思うのです。

 

軽い感じで、神という言葉が使われていることに、すごく違和感を感じてしまいます。

 

テレビはあまり見ないほうですが、余計に見なくなりそうです。

 

f:id:keizanago:20180701150332j:plain

 

 

ファックス先生③最後 ~うちわ 頑張って書きましたシリーズ~

ファックス先生とのやり取りを開始して半年ほどたったころ、佳代子の成績は、もう上から数えた方が早いくらいになっていました。

 

佳代子自身もう、すっかりファックス先生のことを信じて勉強を進めていくそんな子になっていました。

しかし、佳代子にはどうしても腑に落ちない点がありました。

(学校のテストは90点くらい取れるのに、なんでファックス先生の問題はいつも60点くらいなんだろう。ちょっぴり悔しい!なんとかファックス先生のテストも90点くらいとってみたい!)

人間なら普通に思うことだと思います。しかし、この時、佳代子は最も大切なことを忘れてしまっていたのです。

もっと正確に言うと、大事なことが見えなくなってしまっていたのです。

(そういえば、久美ちゃん。おんなじのやってたよね。ちょっと答え見せてもらっちゃおうかぁ)

佳代子は、次の日に久美子にファックス先生の話をした。

「別にいいけど、佳代・・・・ ううん。分かった。明日もってくるね。」

久美子は多くは語らなかったが、自分の思いが達成されることで頭がいっぱいの佳代子には答案がもらえるというだけで久美子の態度には何も気が付かなかった。

 

次の日、佳代子はもらった採点済みの解答用紙を元に問題を解いていった。当然、問題は簡単に解けた。

(よし、これで90点いや100点間違いなし!)

佳代子は少し興奮して解答用紙を送った・・・・・

【ジ、ジ、ジージジ】

 

「あっ!」

送った後、少し冷静になったのか佳代子はあること思い出したのだ。

「私、最初の約束 破っちゃた。」

思わず出た正直な気持ちだった。

 

『どんなに間違えても構いません。あなた自身怠けるときもあると思います。それでも、構いません。しかし、これだけは守ってください。あなたに的確なアドバイスをするため、必ず自分の力で解いて、自分の手で答案に解答を記入してください。

それでは、はじめましょう!』

 

点数が欲しくなってとても大切なことを忘れていた佳代子。

大きな罪悪感に襲われていた。

【ジ、ジ、ジージジ】

「100点」

ファックス先生から採点された解答用紙が送られてきた。

そして、その用紙にはいつもたくさん書いてあるはずのアドバイスがどこにも書いていなかった。

100点のはずなのに佳代子には全く達成感がなかった。あんなに手に入れたかったはずなのに全然嬉しくなかった。

佳代子は何か大きな喪失感に襲われた。

そして、

 

「ごめんなさい!」

こんなに心から後悔したことはなかったかも知れない。

 

【ジ、ジ、ジージジ】

佳代子のもとに、ファックスが送られてきた。

それは、さっき100点を取ったはずの問題用紙と白紙の解答用紙だった。

佳代子は、すぐに用紙を手に取って、足早に机に向かった。

ゆっくり一呼吸した。

そして佳代子は初心に帰って、自分のしたことを反省しながら自分の力で解答した。

さっきやったばかりなのに。

答えを知っているはずなのに。

問題を解いていくといつものように難しく頑張らないと解けない問題ばかりだった。

それでも、佳代子はいつも通り問題を解いていった。

「終わった・・」

問題を解いて佳代子はファックスを送った。

【ジ、ジ、ジージジ】

 

佳代子はファックスの前から動けずにいた。

【ジ、ジ、ジージジ】

 

先生から採点用紙が返ってきた。そこには・・・・・・

 

 

 

佳代子は、勉強以外のとても大切なことを学んだ気がした。

 

 

おしまい

 

f:id:keizanago:20180620211248j:plain

 

ファックス先生②  ~うちわ 頑張って書きましたシリーズ~

佳代子は問題の解答を始めた。問題は佳代子にとっては少し難しく感じるものが多かったが、さじを投げだすほど難しい物でもなかった。

 

 

解答がすべて終わり佳代子はファックスを使って解答用紙を送信した。

【ジ、ジ、ジージジ】

(こんなので、ほんとに勉強ができるようになるのかなぁ)

半信半疑の佳代子だったが、とりあえず問題を解き、ファックスを送った。

一仕事終えた達成感で気持ちは充足していた。

 

それから、少し時間が流れた・・・・

【ジ、ジ、ジージジ】

「な、なに!」

結構な早さで返答が返ってきたので佳代子は少しびっくりした。

 

送られてきたファックスは先ほどの解答の採点が行われた用紙だった。

そこにはファックスのくせに赤字でびっしりとアドバイスが書いてあった。

 

どこで、見ていたのか隣に母がいた。

「あら、もう採点してもらえたの、仕事のできる先生じゃない!」

「こんなに、びっしり書いてあるし佳代子いい先生に巡り合ったわね~。」

「これも、ひとえに私のおかげね!ホホホホホ!」

 

「・・・・は、はぁ」

たまに、母についていけなくなる佳代子であった。

 

気を取り直して、佳代子は帰ってきた解答用紙をじっくりと眺めた。

点数は・・・・56点

なんとも、微妙な点数だった。

(最初だからこんなもんかな)

ちょっと、ショックを受けていたがそれよりもびっしり書かれた赤文字の方が気になったのでそちらに目をむけた。

佳代子は食い入るようにアドバイスを読み進めていった。

「こつん!」と頭を叩かれたような衝撃が走った。それはまるで佳代子がどう考えて問題を解いたのか かたわらでみていたかのようなそんなアドバイスだった!

「なにこれ、やっぱりちょっと怖いんですけど・・・」

(でも、56点はちょっと悔しいな。ここに書いてあるように勉強してみようかな!そんなに難しくなさそうだし)

 

それから、佳代子は問題が送られてきては解答し、おくられてきたアドバイスを元に勉強する日々が数か月続いた。

 

いつも、点数は60点くらいのちょっと悔しい点数だったが、この微妙な点数も負けず嫌いの佳代子にはこの勉強を続ける一因になっていた。

 

そして、テストが近づいてきた。

「ファックス先生どんなテスト勉強の問題を送ってくるんだろう。」

【ジ、ジ、ジージジ】

佳代子はファックスを覗くとそこにはいつもの通り問題用紙と解答用紙がついていた。しかしその後にもう一枚見慣れない用紙が付いていた。

「なにこれ?」

佳代子は手慣れた手つきで用紙を取り出した。そこには・・・

【もうすぐ、テストですね。でも安心してください。あなたの今の実力なら十分対応できます。私からは特別なことはいたしません。今まで通り問題を解いてください。】

「先生、すごい自信だなぁ。まぁ、いいか。言われた通りやってみよう。」

佳代子は特に深く考えずにファックス先生の言うことに従うことにした。

ファックス先生と佳代子の間にはこの数か月の間で知らず知らずのうちに大きな信頼関係ができていた。

 

テストが終わり、結果が返ってきたころ、佳代子とファックス先生の信頼関係はもうゆるぎないものとなっていた。

 

しかし、そんな信頼関係を揺るがす大事件が起きるとはその時、佳代子は少しも思っていなかった・・・・・

 

つづく

 

f:id:keizanago:20180717210003j:plain

 

どうなるにゃ!

 

気になるにゃ・・・・

 

f:id:keizanago:20180717210053j:plain

 

パンダ大帝どうなるんすか!

 

い、いや・・・・わたしに聞かれても(´・ω・`)

 

 

f:id:keizanago:20180702225530j:plain

ちょっと、さすがに  ~招きネコさんからの投稿です~

さすがに こんなに・・

 

水もなければ断水してしまうけれど、多すぎてでも氾濫、水浸し。

天気でも良すぎれば、それは酷暑

 

こんな小さな国で、こんなに続くモノなのでしょうか。

 

 

なんにせよ、

明日は我が身。ということ・・・


あんなものに巻き込まれたら、

命はないかもしれない


その時に悔いることがないように、

 

霊的トレーニング(修行)に、

そして、・・・せっせと、防災グッズ作りに走る

ネコなのでした・・

 

f:id:keizanago:20180701150332j:plain