霊魂学 ときどき ねこと龍と名古屋のことと

このブログの内容は会の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています.

不公平? ~匿名さんからの投稿です~

人々を圧制の苦しみから解放するために立ち上がった、とても愛の深い、自己犠牲の精神に溢れた偉大な英雄が、戦いの中で、反対派からの強い念を浴びて幽体が傷つき、死後、恐ろしい下層の世界へ落ちてゆくのは何とも不公平ではないか、と思われる方が少なくないのではないでしょうか?

 

それが、死後の世界、つまり、幽質の世界の法則だと言ってしまえば、それまでなのですが、それだけでは、なかなか納得しがたいと思われますから、もう少し詳しく事情を見てみたいと思います。

 

さて、水波霊魂学では、人は、死後、その善悪に関係なく、その人の幽体にふさわしい世界に落ち着くとされます。

 

ということは、そのままでは、上の世界では耐えられないから、下の世界に入ったということであり、そこは、下層といっても、本来は、幽体の傷を癒すための一時的な癒しの空間であったのです。

 

しかし、この世で、食べるため、生きるために戦いに明け暮れ、絶えず、強い念を出し合い、お互いの幽体を傷つけ合った人たちが、死後、本来は癒しの空間であるところに集まってきて、そこでも、まだ戦いをやめないため、その場所が念という暴力が支配する殺伐とした世界になってしまったということなのです。

 

それを物質界の出来事に例えれば、肉体が傷ついて不調になった人たちが増えた。よって、それを治す病院ができた。冒頭に述べた英雄も病気のため、しばらく入院したが、完治したら、社会に復帰すればよいはずであった。しかし、どうしたわけか、病院の医師や看護師などが皆、恐ろしい人たちで、いったん入院したら絶対退院させず、毎日のように、不適切な治療をして治らないようにしている、いや、さらに悪化させているということです。

 

あるいは、町では事故が起きるたびに入院患者が運ばれてくる。その患者の中に、暴力的な集団に入っている人もいるが、人を助けて犠牲になったような立派な人も混じっている。そこで、どの人も入院して実験材料にされているのであるが、それを誰も改善せず、悲惨な状態がずっと続いているということです。

 

もっとも、死後は、すぐには上の世界へは入れなかったけれど、それから必死の努力をして、上の階層へ向かう人もいるようです。信念があれば救われるともいえるのです。しかし、一度、そこに落ちてしまうと、そこから抜け出すのは非常に困難なのです。

 

とにかく、なすべきことは、不公平を嘆くのではなく、霊的世界の法則に沿うこと、つまり、幽体を鍛えて念を防御できるようにすることです。

 

そうでないと、この世でどれだけ偉大な英雄と尊敬されたとしても、死後、念による傷のために苦しむことになるということです。

 

f:id:keizanago:20190209130013j:plain

【人類は消滅するべきか】

 

試練 ~匿名さんからの投稿です~

「神様が、乗り越えられない試練を与えるはずありません」

 

辛い状況にも負けない強い精神からの言葉です。

病気に負けず、元気になって欲しいです。

 

ところで、神さまが試練を与えることが本当にあるのでしょうか?

 

残念ながら、神さまは個人の希望に関与できないので試練を与えることもないそうです。

 

人間は自らの欲望で試練を作り出しているに過ぎず、

自分自身との戦に負けないよう努力するしかないようです。

 

f:id:keizanago:20190109193218j:plain

【二本足の霊魂】

玉石混淆 ~匿名さんからの投稿です~

今は色々な知識や情報がネットで直ぐ手に入ります。

ですが、全て信じてはいけないと言われます。

 

情報が多すぎて何が真実なのかわかり難くなっています。

それでも情報の選択によって判断や人生が変わってしまいます。

 

わからなくても自身で決めなければなりません。

 

霊魂を見たこともない人に霊魂学は受け入れ難いことでしょう。

愛・平和を全面的に訴える方が良いと判断されるかもしれません。

 

そのような気持ちも分かります。

それでも私たちは『水波霊魂学』を知って欲しいのです。

 

それは、現状を知り対策をしていただきたいからに他なりません。

 

いざという時のために、是非とも『水波霊魂学』を

あなたの選択肢に加えて頂ければと願います。

 

f:id:keizanago:20190130194930j:plain

【神伝禊法】

牛乳 猫

f:id:keizanago:20190219181947j:plain

はやく、牛乳 こないかにゃ~?

 

まちどおしいにゃ~!!

 

って、わたくし!!ここ乗ってたら・・・・

 

牛乳、いれてもらえない~~~~~!!

 

 

f:id:keizanago:20190219182154j:plain

 

にゃ!!(ぴんぼけ^^0)

 

f:id:keizanago:20190215183258j:plain

【がんばれ動物霊魂】

 

 

巡り合い ~うさぎさんからの投稿です~

先日は、あたかも、契山館に出会えたことが「ラッキーかも」と単純に言いましたが、今、思えば、そこには、背後で私に関わってくださった数々の霊魂方のお働きがあったように思います。

 

そもそも私は読書が苦手で、本屋さんにはあまり行きません。ところが、その日は主人に連れられて本屋に行くことになりました。

 

私は、特に欲しい本もなく、店内を色々な本を眺めながらぐるぐる歩いていましたが、その時、本当にスポットが当たったかのようにピカッと目に入ってきた本がありました。本当にその時の光景は、今でもしっかり目に焼き付いています。

 

そして、主人が購入した本が、まさしく、私の目に飛び込んできた一冊の本、「霊魂学を知るために」でした。

 

これは偶然ではあり得ないことです。

 

私は、守護霊、指導霊、補助霊様によって契山館に巡り合わせて頂いたのだと思います。

 

 

f:id:keizanago:20190217083744j:plain

 『霊魂学を知るために』 絶版中

 

「自分自身を知れ」 ~匿名さんからの投稿です~

『霊魂イエス』(下巻)に、<古人が「自分自身を知れ」といったように、人間は、やはり、自分の魂を見つめ、それを知ることからしか前に進めない>と記されています。

 

ともすると、人は、神は完全なのか、不完全なのかとか、完全なもの(神)が不完全なもの(人)を生み出すことはない、といったようなことを論じたりしますが、そういったことを論ずる以前に、まず、己の不完全さをこそ自覚すべきであると言われるのです。

 

神が完全か不完全かは、いざ知らず、人間が不完全だということは、己を見つめてみればすぐわかるはずです。

 

不完全だからこそ、必ず争いが起き、とどまるところのない強い欲望があるので、相手のものまで欲しくなるのです。そして、自己顕示欲や名誉欲の結果、社会に階層ができるのです。

 

人間が未熟であるうちは、社会も未熟であり、人間の精神の進歩に伴い、社会も進歩してゆきます。人間の意識そのものを変えずに、社会の仕組みばかり論じても、理想的な社会にはならないのです。

 

しかし、そうは言っても、自分を冷静に見つめ、実際に自分の心を変えてゆくことはとても難しいことのように思われます。そして、さらに、魂全体を成長させるとなると、どうしていいのかわからなくなってしまいます。

 

さて、どうしたらいいのでしょうか?

 

実は、それらを可能とする条件は、十分、整っているのだそうです。

 

高貴な霊魂がおっしゃるには、物質界の人間はとても幸運なのだそうです。物質界の人間ほど、厚い保護を受ける階層は他にないからです。イエス師をはじめ、その他のたくさんの高貴な霊魂方がその霊的成長に全面的に協力をしてくださっているのです。

 

というのも、物質界の人間が霊的生命体の進歩、向上の鍵を握っているからで、人間界こそ、高級な霊魂と邪悪な霊魂や未発達霊魂との接点であり、いわば、戦場なのです。人間が自由意思を行使してどちらの付くかによって、今後の人間と人間界が変化し、そして、霊魂の世界も変化するのです。

 

我々が、皆、このことを理解すれば、明るい希望の光が見えてくるはずです。

 

もっとも、人間は、己が何の努力もせず、高貴な霊魂方に依存してばかりではいけません。物質界の人間の一人一人の生き方が、それに関わる多くの霊魂の歴史を変えてしまうということを肝に銘じ、高貴な光をたよりに、日々の霊的トレーニングに励み、自分を根底から変えるための努力を積み重ねて行かなければならないのです。

 

f:id:keizanago:20190201194037j:plain

【霊魂イエス 下巻】