霊魂学 ときどき ねこと龍と名古屋のことと

このブログの内容は会の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています.

ノーベル賞の受賞インタビューを聞いて ~うさぎさんからの投稿です~

「死後は、霊魂としての生活が実際に始まるのであります。」と言うと、いきなり、何のことかとお思いでしょうが、ノーベル賞を受賞された本庶さんは、インタビューで「教科書に書いてあることは信じてはいけない。疑いから始めます。」と言っておられました。一般的に、当たり前になっていることが本当ではないかもしれない、ということです。

 

そうなのです。人が、死後も霊魂として何百年も、何千年も生き続けるということは信じられていませんが、死後の世界はない、霊魂としての生活などない、という一般的な社会通念を疑う必要があるのです。

 

水波一郎先生は、実在する高級霊魂からもたらされた死後の世界の数々の情報を私たちに伝えておられます。死後の生活で何が一番大切なのか? そのために、今、何をすべきなのか?

 

それは、一言でいうと、死後、苦しまないために、「幽体」を鍛えるということなのです。幽体とは、私たちの肉体と重なっていて、死後に使用する霊的な身体のことです。見えないし、感じられないけれども毎日いっしょに生活しています。

 

その幽体を健全に保つことで、死後、苦しまない生活ができるそうです。ですから、健康な幽体を作ることが一番大切なことなのです。

 

今は激動の時代です。いつ天変地異が起きるかわかりません。だから、老後になってから、ゆっくり死後のことを考えればよいという、従来の悠長な考え方が通用しません。

 

ですから、老後と言わず、今から、神伝の法によって、幽体を鍛える方法を学んでいただきたいと思います。

 

まずは、契山館のホームページや水波先生の数々の著書をお読みください。

 

f:id:keizanago:20180927182852j:plain

見えてしまったら ~招きネコさんからの投稿です~

霊魂と私たち、お互いに何でも見えてしまうとしたら・・今やこの世には、(未熟な、悪戯したいという)霊魂が溢れていると言われていますから、

 

そこら中にいろんな霊魂がいて、いつもぶつかっていて・・・。

 

そんなことが見えてしまったら、生活できないかもしれません。だから・・見えなくてよかったんだ、とネコ(私)は思います。

 

見えなくていい。でも。。それがゆえに、「『れい』っているよ」と、伝えたいことをうまく表現できなない、というもどかしさも感じます。

 

f:id:keizanago:20180922103928j:plain

台風 ~匿名さんからの投稿です~

台風が続きます。

みなさまご無事でしょうか?

 

こちらでは、屋根の一部だと思われる物体が飛んできて道路に落ちていました。

これが窓や車、人に当たっていたら・・

 

次の台風もすぐそこまで来ています。

被害の無いことを祈ります。

 

昔はこうした自然の猛威を、神の怒りと受け止めていたはずですが、

今そのように言うと、大丈夫?と心配されてしまいます。

 

人の常識はその時々で変わります。

常識にとらわれず、真実を、霊的な法則を知って欲しいと思います。

 

f:id:keizanago:20180927182852j:plain

滑っている~? 猫

f:id:keizanago:20181002200713j:plain

わーい 滑り台だにゃ~!

 

ざざぁ~!

 

たのしいにゃ~!✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

 

 

f:id:keizanago:20181002200847j:plain

 

決して側溝で寝そべっている訳ではないにゃ~!^^;

 

 

f:id:keizanago:20180922103928j:plain

 

 

 

月日  ~招きネコさんからの投稿です~

ネコ(私)のところには子猫がいないので、子供ならではのイベントもなく、同じような毎日を過ごしています。

 

最近、たまに会う叔父に、歳を尋ねたところ・・・「え?そんなに?!そんなに歳とっていたんだ!」

 

確かに自分も、歳を重ね、若い時とは違うと思う事もありますが、いつも元気に仕事しまくっている叔父。風体もあまり変わらず、いつも仕事をしている・・・ので、驚きでした。

 

仕方ないですよね。みな、人間。順番に、歳もとって老いていくのですから。。

 

f:id:keizanago:20180927182852j:plain

台風 ~カピバラさんからの投稿です~

また、台風がやって来ました。

 

いくら科学が発達しても、自然には手も足も出ません。ただ、通り過ぎるのをじっと待つだけです。

自然を前にして私たちはちっぽけな存在だと、実感します。

 

そんな時はふと、生きている意味って何だろうと考えるのです。

ただ生きるのではなく、私たちは霊的生命体だと言うことを知り、霊的に成長しながら生きていくことが大事なことだと思うのです。

 

f:id:keizanago:20180922103928j:plain