霊魂学 ときどき ねこと龍と名古屋のことと

このブログの内容は会の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています.

アンケート実施中

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2

カピバラさんからのお便りです。

私たちが死後行く世界を水波霊魂学では"幽界"と呼びます。

 

その幽界はすごく広い世界のようで、人間の感覚で言うと、無限に近いような 世界なのだそうです。

 

幽界には界層があり、苦しみに満ちた辛い世界を"下層幽界"、その反対の世界を"上層幽界"と 呼ぶそうです。

 

この下層幽界と上層幽界にははっきりとした境はないようです。

 

では、私たちが死後、幽界のどの界層に入るのかは、死んだ時の"幽体の状態"で決まると言うことなんです。

 

幽体が健康で成長していれば上層幽界へ、その逆で幽体が不調であると下層幽界へ入ってしまう可能性が高くなるそうです。