霊魂学 ときどき ねこと龍と名古屋のことと

このブログの内容は会の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています.

アンケート実施中

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2

若くして死んだ友    (ウサギさんからのお便りです。)

以前、私の友人で40代前半の女性がガンにかかりました。

 

彼女は病気に負けないように真面目に治療して、完治したそうです。

 

その後、彼女は「病気で弱った体調を整えるために何かいい方法はないか。」と考えていたそうで、いろいろな方に相談をされていたようです。

 

そんな中で、ある方に勧められて湯治場の岩盤浴に行くようになりました。

 

彼女は、早く体調を戻したい為に、熱心に1週間単位で岩盤浴に通っていたそうです。

 

しかし、運が悪いことに たまたまその岩盤浴で前に使用していた人の低い幽気を吸ってしまったらしく、まだ本来の体調ではなかった彼女は吸い込んだ低い幽気の為にガンが再発してしまい、そして、かえらぬ人となってしまいました。

 

以前の元気で幽気が満ちていた彼女ならありえないことです。

 

彼女自身、健康のためにと思って行った岩盤浴でしたが、どこに落とし穴があるか分かりませんね。

 

彼女が、幽気をしっかり満たしていたなら少しの低い幽気など跳ねのけたはずなのに、残念で仕方ありません。

 

改めて、幽気を健全にする霊的トレーニングのありがたさを実感した出来事でした。

 

 

 

 

うちわのつぶやき:お友達の方は霊的トレーニングをなさっていたそうです。 

 

 

 

 

なお 死後の世界のことといえば、こちら!

 

f:id:keizanago:20171228192938j:plain

 

アマゾンで絶賛発売中!

 

うちわは只今、18ページ目です。